学生演劇応援団

「演劇で、世界は変わる」京都学生演劇祭を立ち上げて10年、仕掛け人が話す、演劇の可能性とは

京都で演劇に情熱を傾ける学生なら知らない者はいない、京都学生演劇祭。2010年度に「今、京都で最もおもしろい舞台をつくる学生劇団はどこか?」という問いかけから京都学生演劇祭は始まり、2022年は11の団体が参加、学生たちが情熱を見せつけた。
この演劇祭の仕掛け人は沢大洋(さわ・たいよう)さん、39歳。彼もまた、演劇人である。
演劇が好きで、学生演劇を盛り上げたい——。
そのシンプルで熱い想いが、彼の10年以上、学生演劇祭を続ける原動力だ。
今回は彼の生い立ちを振り返りつつ、情熱に迫ろう。

■小学4年で演劇に魅惑され、俳優を目指す

1983年生まれの沢さんは、島根半島北側の日本海にある隠岐諸島で育った。隠岐郡全体で人口は約1万9千人、小学1年まで「島前(どうぜん)」で、小学2年以降は「島後(どうご)」と呼ばれる島で、沢さんは育った。兄は10歳上で、ほぼ一人っ子のようにのびのびと育った。自分の父親が教頭を務めていた小学校は、児童数は全校で70人程度の規模だった。
沢さんの父は立命館大学を卒業して、やはり人形劇や演劇に影響を受けた人物だった。父の発案で、小学校4年生のとき、学芸会に「ごんぎつね」を上演することになる。自分は主人公のきつねの役をもらった。一生懸命に練習するが、当日40度近い熱が出てしまう。結局、高熱を押して舞台に立った。400人の観衆を前に、スポットライトを浴びる快感を覚えた。沢少年が演劇の熱を帯びた、始まりの日だ。

小学6年生のとき、卒業文集に「将来の夢は俳優」と書いた。中学、高校では運動部でソフトテニスに汗をかきつつ、大学に入ったら演劇部に入ると決めていた。一浪して立命館大学の理工学部に進学。真っ先に演劇部の門を叩いた。19歳、立命館大学のびわこ・くさつキャンパス(BKC)、「月光斜TeamBKC」で活動を始めた…【続きはこちら】