学生演劇応援団

手話映画を撮り続ける映画監督・谷 進一さん 「全身を使う『手話の表現力』に圧倒されて気付いた、新しい世界。その広がりを、映像で伝えたい」(後編)

「手話」が作り出す世界に魅せられ、映画を撮り続けている人がいる。谷進一さん、50歳。2008年に初めて短編作品を発表して以来、多数の手話映画を制作してきた。2022年秋に公開した新作『ヒゲの校長』では、大正から昭和の初めを舞台に、大阪市立聾唖学校の校長だった髙橋潔の生涯を描く。唇の動きから声を読み取る「口話」による教育が急拡大する時代に抗い、手話を守り抜いた髙橋潔の生き様に迫る作品だ。(前編から続く

新作「ヒゲの校長」で主人公として描いた髙橋潔は、大阪市立聾唖学校の校長として、日本のろう教育に大きな影響を与えた人物だ。アメリカで考案された「口話法」(口元を読み取り発話者の言葉を理解する方法)を手話より優れたものとして位置付け、日本のろう教育から手話が廃絶されかかっていた昭和初期に、髙橋潔はただ一人で異を唱え続けた。

映画『ヒゲの校長』より。尾中友哉さん演じる髙橋潔(右)と、日永貴子さんが演じる妻の醜子(左)

「手話を禁止し口話だけの教育では、ろう者それぞれの個性に応じた適切な教育は不可能だ」と、口話と手話のどちらも活用する「適性教育」の実践を説いた髙橋潔。当時の文部大臣や、尾張徳川家の第19代当主で貴族院議員の徳川義親が会長を務めた「聾教育振興会」をはじめとする口話推進の勢力が、大阪市立聾唖学校を例えて「大阪城はまだ落ちないのか」と揶揄するほど、粘り強く手話の重要性を訴えたという。

「少数者のことは考えず、多数者に合わせるという空気の中で『話せない人は、話せる人に合わせるべきだ。そのために口話を身につけなさい』という流れがあったのかもしれません。少数者のために、口話と手話のせめぎ合いの中で権力と闘った髙橋潔の姿を、なんとしても描きたいと思いました」…【続きはこちらから】