学生演劇応援団

「THEATRE E9 KYOTO」舞台芸術の灯火を次世代へ。文化芸術都市・京都、演劇のこれまでとこれから。【その4】

小劇場の閉鎖が相次ぎ、京都の舞台芸術が危機に瀕する中で始まった「THEATRE E9 KYOTO」の建設プロジェクト。市民や全国の演劇ファン、舞台関係者、スポンサー企業など多くの支援を得て、実現にこぎつける。「劇場」という場所に人々が集い、交わることで、新たな舞台芸術の広がりは生まれていく。「演劇は、一人ではだきないもの」。今、次世代の演劇人たちに伝えたい。演劇芸術監督のあごうさとしさん、テクニカルスタッフの北方こだちさんからのメッセージ。
(前回の記事「THEATRE E9 KYOTO」舞台芸術の灯火を次世代へ 文化芸術都市・京都、演劇のこれまでとこれから【その3】」

−−最初の拠点として開設された稽古場「studio seedbox」に続いて、2019年に劇場「THEATRE E9 KYOTO」がオープンします。「100年続く劇場を」という理念を掲げて、新しい舞台芸術の場が幕を開けました。北方さんは「アトリエ劇研」のスタッフルームを経て、E9でプロの舞台監督としての道を踏み出されます。

北方:大学生の時、とりあえず就職活動はしたんです。でも、就活生はみんな同じ格好して、同じようなことしか言わない。「日本の『就活』はしんどい」と感じて、「これが本当に自分のやりたいことなんだろうか」という疑問が次第に大きくなりました。
私が舞台監督を志すようになったのは、学生時代に「この人が作品を作るときに、力になりたい」という人に、演劇を通して出会ったことがきっかけでした。そこから、舞台監督という仕事に興味が出てきました。
そういう思いを抱えながら、とりあえず『就活』もしてみる中で「別に焦らなくてもいいんじゃない」と思ったんですね。
企業に就職することだけが正しいわけではないし、私は億万長者になりたいわけじゃない。最低限の家賃と食べられるだけの収入があれば、アルバイトしながら演劇の現場に行く生活でも何一つ問題はないな、と思ったんです。
ただ、アルバイトばっかりしていると稽古場に行く時間がなくなってしまう。そこで、「今から3年は頑張ろう」と決めて、一旦区切りをつけることにしたんです。今から3年はアルバイトをしながら舞台監督をやるしかないけれど、3年経って舞台監督として生活できるまでのレベルに達しなかったら、別の方法を考えようと。
振り返ると『就活』を辞めることに不安はなかったと言うか、不安と思う前に足を動かしていたというか。不安だったとは思うんですけれど、だからこそ足を動かしたということかもしれませんね。

−−真剣に演劇に取り組んでいる学生さんほど「大学を卒業したら、このまま就職するのかな」と感じ、人生の岐路に立っている人も多いと思います。新卒での就職を捨てて演劇の道に進むことに、どうしても不安を感じてしまうのではないかと思います。

北方:私はたまたま「アトリエ劇研」を見つけて、そこに入ることができました。それは「『アトリエ劇研』がなかったら今の私はいなかった」ということと同時に、「『アトリエ劇研』にいた人たちが私を受け入れてくれなかったら、今の私はいない」ということでもあるんです。小劇場という場があったから、その場所で色々な人たちと関わりながら経験を積むことができました…【続きはこちらから】