〈半径500mを歩く〉

錦林車庫前から半径500mを歩いてまわる。

数年前から面白い人が面白い店をしている、このバス停界隈。
ひとつのものを大切に育んで、自分の世界を作りながら
商いをする職人が多い町だ。大きな車庫があるバス停のそばには
懐深く多様な人や商いを受け入れる風土が広がっていた。

〈錦林車庫前〉出会った職人たち

▽「音楽もカレーにも正解はない。音も味も更新するのが楽しい」
カレーとコーヒー、音楽が調和する喫茶店。
喫茶イノ 店主 井上智恵
くわしく読む

▽「紅茶目当てのお客さんは、シャボン玉の膜の中に入った状態。他のものに気付かない」
大人限定の空間。緑のしつらえが美しい紅茶専門店。
ティーハウス アッサム 店主 出口晴治
くわしく読む

▽「鶏は自分の一生をかけて勉強するもの。死ぬまでこの仕事をしたい」
40年続く、地元人でにぎわう鳥料理専門店。
あん 店主 島崎安生
くわしく読む

▽「バンドをやる、ということの最大の魅力は個人を超えられること」
3人のバンド仲間が営むライブハウス「外」
野口順哉(左)、山田英晶(中央)、古谷野慶輔(右)
くわしく読む

▽「すでにあるものではなく、新しい植物のかたちを作りたい」
店主のフルネームを掲げる、植物店。
田中美穂植物店 店主 田中美穂
くわしく読む