〈半径500mを歩く〉

「四条中新道」から、半径500mを歩いてまわる。

かつて京都の地場産業が繁栄していた頃、多くの往来があった商店街。
今は、一見ひっそりと静かな界隈に、少しずつ面白い人が現れて、
極小さな灯りがともり、付近を照らし始めている。レトロとモダンが共存する、
バス停前の会社は、シンボリックに佇み、そっとこの街を見守っているようだ。

〈四条中新道〉出会った職人たち

▽「クラシックの素晴らしさを 理解できる人を増やしたいんです」
京都の住宅地に誕生した、小さな音楽ホール。
マリ・レスポアール 代表 村田真理
くわしく読む

▽「京都らしさは、京都を外から眺めてみないとわからない」
和の伝統食を継承。京都初のねりみそ専門店。
ねりみそ工房 利香庵 店主 高橋宗孝
くわしく読む

▽「歴史的な背景があるのが、フィンランドのパンの面白さ」
現地の味を再現。フィンランドのパン専門店。
キートス 店主 土持裕昭
くわしく読む

▽「一体感があるのはダメ。口の中で完成するのが、おいしいべた焼の条件」
京都のソウルフード、べた焼専門店。
モッさんのべた焼 店主 国本眞行
くわしく読む

▽「うちがもっと人気店になれたら、西新道錦会商店街にいい店が増える」
昼も夜も酒が飲める、喫茶&バー。
壬生モクレン オーナー 川口まり絵
くわしく読む